2011年12月16日

タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密 3D(吹替)

実際には予算の問題や全編モーションキャプチャーであるとか、人の手がいらなくなることは当分ないのだろうけれど、一瞬、これからは現実の役者やセットがすべて必要なくなるのではないか、と錯覚するぐらいすごい映像だった。
ハイライトの追跡シーンではこれぞ3D、ともいえる滑らかなカメラワークで圧倒された。
キャラクターや舞台がリアルで大人向けな割にストーリーが子供向けで中途半端な印象と、やや話の内容がありきたりな感じがしたが、まあそのあたりはシリーズ1作目ということで、2作目に期待したいところか。
もっと手放しでほめたいところなのだけれど、一週間前にテレビでラピュタ見たばかりなので…

3Dで観たが今回も途中から奥行きも飛び出す感じも薄らいでしまい、普通に2Dにしか見えなくなってしまった。
やはり目が慣れてしまうせいなのか。中盤から後半にかけてのアクションシーンこそ3Dで見たいのに。

111216.jpg
posted by bee5 at 23:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画
この記事へのコメント
ストーリー
「人生を失いかけたダメなおっさん主人公が立ち直る」
逆にこどもはこういうのみて
感情移入できるんですかね…

Posted by T at 2012年01月01日 09:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52381011
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック