2011年11月20日

何かにつけて不幸が続く

諸々の事情で来年2月ぐらいまではあまり更新できない、みたいなことを書こうと思っていたらなんと六角大王Superとさし絵スタジオのセルシスへの譲渡のニュースが…

どういう経緯なのかはさっぱりわからないけれど、もう六角以外のソフトを使うとか考えられないので、まあ今まで通り遠くから見守っていこうかと。

寂しいけれど仕方ない
111120.jpg
posted by bee5 at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
おどろいたねぇ。
俺も結構現役>六角
Posted by dokon at 2011年11月21日 13:45
さ、寂しい・・・・大好きなソフトだったんですがね

良い方向に変わってくれれば良いのですが

無理でしょうね。
Posted by KIM at 2011年11月24日 09:20
やめへんでーッ

・・・今後はコミスタの作画補助ツールみたく
なってゆくんでしょうかねぇ
どうなるんでしょ

自分も最近は
背景や小道具廻り、ほぼ六角任せだったりしますが・・・ ><
Posted by 桃タイ at 2011年11月26日 22:07
>dokonさん
本当に驚きました。まさに青天の霹靂、というか。
ただ客観的にみると、ソフトウェア会社の現状をみるにつけここまで続けられたことの方が奇跡的だったのかも。

>KIMさん
とりあえずは終作開発の六角大王Superをセルシスが販売する、という形なのでしょうが、いずれセルシスの3Dソフトとして再出発することになるかもしれませんね。

>桃タイさん
自分も今更ほかのソフトとか考えられませんー
骨の髄まで六角がしみこんでしまって…

>コミスタの作画補助ツール
可能性はあるけれど、せめて3Dソフトとして独立していてほしいですよね。
Posted by bee5 at 2011年11月28日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/50712889
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック