2011年10月29日

猿の惑星:創世記

どんな映画かと聞かれたら、「愛と涙と友情の熱血類人猿バトルムービー」と答えておこう。
どこがCGでどこが特殊メイクなのかなどと考える隙もないので、映像技術に関しては今更取り上げるまでもないし、ストーリーもオリジナルではあるもののティム・バートンの「PLANET OF THE APES」と違ってあくまでも旧シリーズを膨らませた形なので安心して観ることができた。
反面、全体的に目新しさがなく、特に新シリーズの起点ということで小さくまとまってしまった感じもする。

111029.gif

上映前に見た「タンタンの冒険」の予告がすごすぎて「猿の」が霞んで見えたことは内緒w
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2011年10月20日

対等な立場とは言い難い

書くまいと思っていたけれど、書かずにはいられない・・・
本当にこのままでいいのか?、日本。

111020.gif
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年10月19日

やる気がある内に少しでも進めておこう

少し修正。
レンダリングしてみたらテクスチャなしでもいいような気がしてきた。

111019.jpg
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2011年10月18日

半歩前進

少しだけやる気が出てきたので、先日作りかけたおやじ頭を元にして、夏の間に思いついたマンガのネタの登場キャラを作成することに。

地味すぎるかな
111018.gif
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2011年10月16日

とりあえず何か作り始めようかと

ちょっと濃いめのおやじを。

111016.gif
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2011年10月14日

どうにもペースがつかめない

うーんうーん
111014.jpg
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年10月13日

2011年10月11日

本調子にはほど遠い

間があいてしまうとどうしても元に戻るまでに時間がかかってしまう。
ま、調子の善し悪しに作るものが左右されているとは言えないけど。

ということでこのままいくとまた何もしないで空白が続いてしまいそうなので、他力本願ながらひとのデータをレンダリングさせていただくことに。

BTAさんのケロリン町

自分はMMD関連はたまに見るぐらいなのでつい最近知ったのだけれど、こういうデータを作ることができ、なおかつフリーで公開されているというのはものすごいことだと思う。

111011.jpg
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 3DCG

2011年10月08日

秋も深まってきたのでそろそろ復活しようかと

涼しくなってきたので活動再開しようと思い、その前にかねてから計画していたマシンのパワーアップを実行に移したのだけれど、久々にOSを壊すという大ポカをやってしまった。
というわけで再インストールと設定の復旧であっという間に一週間…
そしてパーツはかなり入れ替わったものの、体感できるほどパワーアップはされなかったというオチが。
まあ今回のテーマが「可能な限り安価に」で、それは達成できたのでいいか。

テストレンダ(これで大体5分弱)
天空光+環境光(サンプル数:100 環境光:50%)
基本光源 サンプル数:50 広がり角:5度
111008.jpg
posted by bee5 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2011年10月01日

世界侵略:ロサンゼルス決戦

千円で観たので十分満足な内容ではあったが、あまりにもテンプレ通りで感想が書きづらい。
少し前に観たスカイラインよりはテンポも良く戦闘シーンも派手でハッピーエンドなので鑑賞後の爽快感は上だがその分話が雑で、海兵隊の兵士が民間人を連れて無敵のエイリアン兵をどうやって振り切って逃げるか、という中盤までの緊張感が後半全く消えてしまったのは残念。いくら弱点がわかったからといって、数人の海兵隊にあれだけ強かったエイリアン兵がバタバタと倒されていくのは少し白ける。
まあこの手の映画でそんなことを気にしてはだめなのだろうけれど、「弱点」にもう少し工夫があればもっと違って見えたような気がする。

本国での評価は案の定「中の下」らしいw
111001.jpg
posted by bee5 at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画